住宅の工法・構造を徹底比較!WPC工法(鉄筋コンクリート)・軽量鉄骨造・木造を、耐震・耐久・価格などの面から比較。

耐震で比較

日本は地震大国です。日本の住宅は地震に対抗するための進化をとげてきました。地震について比較をしてみましょう。

 
WPC工法
軽量鉄骨造(プレハブ)
木造軸組(プレハブ)
実績
データ・資料/建築技術No.544 
1995.8.1発行 P85~89 
建設省(現国土交通省)
建築研究所監修

過去の地震での被害結果。
I:無傷
II:一部破損あり
III:半壊
IV:全壊
WPC工法一部破損もゼロ、軽量鉄骨造(プレハブ)全半壊ゼロ、木造軸組(プレハブ)全壊ゼロ
地震抵抗
地震の揺れに対する抵抗をどこで受け止めるかで変形量も違ってきます。
WPC工法
面(壁)
軽量鉄骨造(プレハブ)
線(軸)
木造軸組(プレハブ)
線(軸)
固有周期
地震の揺れには特有の周期があり、建物の固有周期と一致することで揺れの方向が同調します。これを共振現象と言い、通常をはるかに上回る増幅された力が建物に加わり、倒壊を引き起こします。
0.16秒
0.6秒
0.8秒
大地震時の地盤周期
構造体強度
構造体の強さを重さで表しています。
WPC工法
240t
軽量鉄骨造(プレハブ)
9t
木造軸組(プレハブ)
?t(計算できず)
Macromedia Flash Player

サイトをご覧になるには、最新のMacromedia Flash Playerが必要です(無償)。

こちらのサイトからダウンロードしてください。


Copyright (C) 防災住宅研究所 All Rights Reserved.