住宅の工法・構造を徹底比較!WPC工法(鉄筋コンクリート)・軽量鉄骨造・木造を、耐震・耐久・価格などの面から比較。

3つの構造の特徴で比較 トップにもどる

耐震・制振・免震でも比較

災害に対する耐久力や、耐久年数、保証期間で比較してみましょう。

 
WPC工法 耐震
軽量鉄骨造 制震
木造 免震
横ゆれ地震への対策
WPC工法

(変形しない)
軽量鉄骨造(プレハブ)

(変形を軽減する)
木造軸組(プレハブ)

(変形を大幅に軽減する)
縦ゆれ地震への対策

(どの方向からの比重にも耐える)

(効果ナシ)

(効果ナシ)
強風によるゆれ防止

(揺れない)

(効果アリ)

(効果ナシ)
装置耐久性

(躯体メンテ不要)

(錆び対策必要)

(錆び、劣化、対策必要)
建物周辺の条件

(条件ナシ)

(条件ナシ)

(周囲50cmには温水器、カーポート、樹木設置不可)
地盤条件対応

(条件ナシ)

(条件ナシ)

(軟弱地盤不適切)
大地震の実績

(阪神・中越地震で無傷の実績)

(実績なし)

(実績なし)
オプション差額コスト

(0円)

(50~100万円)

(250~400万円)
津波・土砂の災害対策

(耐え得る)

(効果ナシ)

(効果ナシ)
総合評価
Macromedia Flash Player

サイトをご覧になるには、最新のMacromedia Flash Playerが必要です(無償)。

こちらのサイトからダウンロードしてください。


Copyright (C) 防災住宅研究所 All Rights Reserved.