住宅エコポイント

住宅エコポイントを使って、よりよい家づくりを成功させよう! 今年始まった新たなポイント制度への、関心と期待が高まっています。そもそも住宅エコポイントとは、どんなものでしょうか。どれくらいお得で、どんな家が対象になり、申し込み方法やポイントの活用法、交換の期限などはどうなっているのでしょうか……。気になる情報を集めてみました。
(目次代わりの項目ピックアップ)
その1 住宅エコポイントってどんなもの?
その2 住宅エコポイントはどれくらいお得?
その3 住宅エコポイントに適合する条件は?@新築編
その4 住宅エコポイントに適合する条件は?Aリフォーム編
その5 住宅エコポイントのポイントの中身は?
その6 住宅エコポイントに申し込むためには?
その7 住宅エコポイントのよくある質問

住宅エコポイントってどんなもの?

●省エネ家電、エコカーに続き、エコ住宅を
昨年来大きく話題を呼んでいるエコポイント制度(省エネ家電対象)、エコカー減税に続き、今年は待望の住宅エコポイントが始まり、関心を集めています。
住宅エコポイントの目的はズバリ、環境対策と景気対策。環境にいい家づくりに対して、新築の場合30万ポイント、リフォーム工事の場合は上限30万ポイントを、国が発行する制度です(交換時、1ポイントは1円相当に換算されます)。
環境への貢献という意味では、家電や車の買い替えより、さらにCO2(二酸化炭素)削減に果たす役割が大きいといえる家づくり。そうした環境にいい家づくりを進めることが、低迷している住宅新築着工数を回復させ、リフォーム市場を活気づけ、日本経済に元気を呼び戻す火付け役になるとして、期待されているのです。
●「環境にいい家を」という気持ちを後押し
環境問題は、いまや「待ったなし」といわれる世界的な人類の課題。鳩山総理は昨年秋に国連で、「日本はCO2など温室効果ガス排出を1990年比で25%削減します」と表明しました。これは非常に厳しい削減目標です。
すでに日本では、産業部門の省エネは世界に先駆けて進んでいます。残るは家庭やオフィスの省エネであり、特に家庭の省エネ化が急務とされています。
もちろん一般の消費者においても、「どうせ建てるなら、環境にいい家にしたい」と思っている人は少なくありません。環境に配慮した家は、快適で住みやすい家になる。エネルギーの無駄を省く家づくりは、長く住みよい家に結びつく……そんな意識も高まってきています。
でも、「環境」というプラスアルファを求めると、どうしても家づくりのコストがかさみがち。そこをバックアップして、環境にいい家づくりを後押ししようというのが、住宅エコポイント制度なのです。
▼住宅エコポイント事務局ホームページ【制度の概要】
http://jutaku.eco-points.jp/outline/
ページトップヘ