防災住宅とは

過去の大地震で窓ガラス一枚も割れることがなく、
津波や土砂災害でも構造躯体に影響のないWPC工法で建築し、
最新の在宅避難を可能にする設備を標準装備した住宅である

壁式鉄筋コンクリートパネル組立造
過去の災害で最も被害の少ない建築方法
「防災住宅」の定義

「防災住宅」とは、最長の住宅ローンが終わる35年間は地震、津波、台風、ゲリラ豪雨、土砂災害、竜巻、シロアリなど、住宅を襲う様々な災害に対し、全壊・半壊は当然のこと、一部損壊さえもなく「家族の安全を確保」し、災害後も避難所に行くことなく、自宅でストレスのない生活環境が得られる住宅とする。

壁式鉄筋コンクリートパネル組立造とは

あらかじめ工場内で作られたコンクリート・パネルを建設現場で箱型に組み立てる工法で、
ハウスメーカーによっては、「WPC造」と呼んでいるところもあります。

※WはWall=壁式 PはPrecast=あらかじめ作る CはConcrete=コンクリートの略です。

歴史

1923年に相模湾北部を震源地とするマグニチュード7.9の発生した関東大震災で10万人を超える死者数と約11万棟の全壊住宅、20万棟を超える焼失住宅が発生したという現実を教訓に、昭和30年代初頭に建設省が主導で「耐震性」「耐火性」「耐久性」をテーマに造られた住宅なのです。
当時の粋を集めたメイド イン ジャパンの住宅工法なのです。

特徴

壁式鉄筋コンクリートパネル組立造の特徴は現場打コンクリートの2倍の圧縮強度を持つコンクリート・パネルを箱型に組み立てるのが特徴です。地震などの外力をラーメン工法のように柱と梁といった「点」で受けるのに比べ、壁式鉄筋コンクリートパネル組立造は「面」で受け止めるため、非常に強固な構造になっています。

津波から垂直避難を可能にする設備

津波シェルターペントハウス

「住宅の中でお風呂のお湯に洗面器をひっくり返してできる"空気だまり"を作れば、例え住宅が水没するような津波に襲われても家族の命を守ることができるのではないか」という発想から生まれた「津波シェルターペントハウス」。

床下浸水及び床下の汚泥撤去の必要なし

地熱利用強化基礎工法

床下の空間を土で充填し、防水シート、砕石、コンクリートで覆う「地熱利用強化基礎」工法。浸水後に非常に苦労する床下の汚泥撤去の必要がなくなる。

メリット

飛び
抜けて

対災害への耐性性能が高い

壁式鉄筋コンクリートパネル組立造のメリットは何と言っても他の住宅工法と比較して、飛びぬけて災害耐性が高いということが挙げられます。
阪神淡路大震災の被災地に建つ壁式鉄筋コンクリートパネル組立造の住宅495棟のうち 1棟も一部損壊がなかったばかりか、東日本大震災での5mの津波にも流されず、躯体構造をそのまま留めています。
つくば市の巨大竜巻にも躯体構造に損傷がなく、2014年に発生した広島土砂災害においても2mの土砂を受け止め流されず、下段の住宅を守っています。
このようにあらゆる災害に強い実績を持っています。

過去の災害での実績

  • 遮音性能が高い
    壁がコンクリート・パネルで強固なため、例えば1000Hz時の実験で100dbの音がPCパネルを通って隣の部屋に届くと45dbに軽減されるほどです。
    これは「電車通過時のガード下の騒音」が「静かな公園」程度まで軽減されていることになります。
  • ランニングコストが安い
    財務省が定めた住宅工法別の「法定耐用年数」というのがあります。
    「鉄骨プレハブ(肉厚3~4mm)」は27年、「鉄骨プレハブ(肉厚3mm以下)」は19年、「木質系プレハブ」22年、在来工法は20年でしかありません。
    これらに比較し「コンクリート」は47年と20年以上も長いのです。
    それに加えて工場で型枠に流し込んで作るPCの圧縮強度は現場打コンクリートの2倍なうえ、コンクリートの吸水率はわずか5.8%で水が染み込みません。
    木造のようにシロアリや腐朽菌の被害もなく、いつまでも強度を保っていられるのです。
  • 夏涼しく冬暖かい
    壁に使用する断熱材の「発泡ウレタン」は、家庭では冷蔵庫、産業向けには大型冷凍庫などで使用されるほど断熱性に優れたものですから、夏は涼しく、冬は暖かく、年間の冷暖房コストは木造住宅の半分以下です。
「防災住宅」にお住まいのユーザーさんの声

私は10年ほど前に仕事中に脳梗塞を患い、それ以来、半身のリハビリに通っています。
平成30年7月豪雨の時、当時83歳の母親と一緒に住んでいましたが、見る見るうちに氾濫水が家の中に入ってきて、1階部分はほぼ水没したような状態でした。
家は全壊指定となり、建て替えることになったのですが、災害に襲われたとき、私は逃げることが出来ないので何よりも「安全な家が欲しい」と思って「防災住宅」を選びました。実際住んでみて、この「防災住宅」には備蓄品や発電機も付いていますし、どんな災害が襲って来ても「この家にいればいい」と安心感は半端ないです。

広島県安芸郡坂町小屋浦 Kさんの声(58歳)

デメリット

  • 初期建設コストが多少高い
    壁式鉄筋コンクリートパネル組立造の住宅の坪単価は、鉄骨系住宅とほぼ同じでしょうか。
    規格住宅で坪60~70万円台、注文住宅で坪80~90万円台。
    一方、木造住宅は規格住宅が40~50万円台、注文住宅が60~70万円台とするとイニシャルコストは20~30%割高かもしれません。しかし、光熱費や耐久性などを考慮した住宅ローンが終わる35年間でライフサイクルコストを計算すると、間違いなく壁式鉄筋コンクリートパネル組立造の住宅が安いと言えるのです。ただリフォームに関しても、増改築の場合はPCパネル自体が非常に強固で重く床・天井・壁すべてがこのPCパネルで造られているため、取り外すにもクレーンなどの重機が必要になり、木造住宅等に比べ、大掛かりになるのは否めません。
  • 箱型のデザインのため、好みがわかれる
    壁式鉄筋コンクリートパネル組立造の住宅は床・天井・壁の6面すべてをPCパネルで形成するため、箱型になってしまいます。そのためデザイン性は好みがわかれてしまいます。
    しかしこの面で外力を受け止めるため、ラーメン工法等に比べ、はるかに強固なのです。
  • 狭い土地に家は建てられない
    壁式鉄筋コンクリートパネル組立造の住宅を建てる場合、11tトラックでPCパネルを運搬しますが、11tトラックが入りにくい道路では、4tトラックに積み替えて運搬します。
    さらに建て方時にクレーン等の重機を使用するため、建設予定地前面の道路幅は6m以上が基準とされています。(ただし建設地の裏側等に空き地があり、その空き地が借りられ前面道路が6m以上ある場合はこの限りではありません)

よくある質問

(一社)防災住宅研究所への問い合わせで多いのは次のような質問です。

  • Q〇〇というところに住んでいますが、どんな災害リスクがあるでしょうか?
    A

    住所をお聞きし、その地域にどのような災害リスクがあるのかをお調べし、回答をさせていただいていますので、ご活用ください

  • Qいろいろな工法があり、その住宅メーカーも「災害に強い」と言って販売していますが、どの工法が本当に強いのでしょうか?
    A

    阪神・淡路大震災以降、多くの災害現場を調査してきた結果、壁式鉄筋コンクリートパネル組立造が飛びぬけて「災害に強い」ということは断言できます。

  • Q壁式鉄筋コンクリートパネル組立造の住宅はどこでも建てることが出来るのでしょうか?
    A

    建設予定地をお聞きし、壁式鉄筋コンクリートパネル組立造の住宅メーカーに直接確認し、その地域の持つ災害リスクも調べたうえでご回答させていただきますので、安心してご連絡ください。

「防災住宅」の特徴

  • ●土砂災害危険区域、崖条例地域をA地域とする
  • ●30㎝以上の津波が襲ってくる可能性があり、ハザードマップ等で河川の氾濫、高潮等によって床上浸水の可能性がある地域をB地域とする
  • ●直下型、プレート型地震によって震度6以上の揺れの可能性がある地域をC地域とする

A,B,C 各地域の共通点構造躯体は壁式鉄筋コンクリートパネル組立造とする。

  • 〇感電ブレーカー付き住宅分電盤(3分猶予付き)
  • 〇設置・火災対策にワイヤレス連動型住宅用 火災報知機を設置
感電ブレーカー付住宅電盤装置 ワイヤレス連動型火災報知器
  • 〇エコキュート転倒防止接続

エコキュートを採用の場合は、その基礎は地震等で倒れないようにPC壁と接続し固定する。

エコキュート転倒防止接続
  • 〇ライフライン断絶時対応

・住宅ソーラーシステム※と蓄電システム
・発電機+停電時特別電気配線(1部屋)
・卓上コンロやIHコンロを備える
・貯水タンク
・廊下・階段に保安灯
※ソーラーシステムの取り付けがない場合は、発電機を用意。

発電機+特別電気配線(1部屋)
  • 〇家族5人分×1週間分の非常用トイレ、水、食料の備蓄
  • 〇上記、非常用発電機や非常用トイレ、水、食料の備蓄場所を確保
  • 〇土地の境界等に設置する塀のブロック使用は厳禁
  • 〇防災・防犯用強化ガラス

防災住宅なら災害後も自宅で過ごせます!

災害後の夜(想定)
土地のリスクによって仕様が異なります。

A地域の特徴(土砂災害、ガケ条例地域)

  • 〇山側の1階部分は開口部は最小限とし、開口部を設ける場合には鉄格子を設置。
  • 〇開口部は谷側を活用する。
    災害時対応電気配線を施した防災部屋1部屋を2階の谷側に部屋に確保し、備蓄場所も2階とする。エコキュートの設置場所も谷側とし、震度7が襲ってきても倒れない強化基礎とする。
停電時に発電機から電気を取り込むための災害時対応電気配線部屋コンセント(2階)

B地域の特徴(津波、河川の氾濫、高潮の可能性)

  • 〇災害時 対応電気配線を施した防災部屋を2階に確保
  • 〇1階のコンセント位置はハザードマップを確認し、高位置へ設置
  • 〇ハザードマップを確認し、必要に応じて地盤の盛土を行い嵩上する
  • 〇津波シェルターペントハウスを屋上に設置し、棚を設け、備蓄場所とする
「防災住宅」に住んでいる人が
何よりも感じられることや体験できる世界

新型コロナウイルス感染症が収まらない状況もあり、災害が襲って来ても避難所に行くのか行かないか悩ましいところです。しかし、巨大地震で一部損壊をした住宅は余震で倒壊する可能性もあり、とても在宅避難をすることはできません。同様に巨大台風が襲って来る通り道に自宅がある時、避難するのかどうか悩ましいところです。残念ながら風速40m/sを超えるような台風が襲ってきたとき、木造住宅や鉄骨系住宅では損壊の可能性が高いのです。

一方、「防災住宅」の工法である「壁式鉄筋コンクリートパネル組立造」は阪神・淡路大震災以降の巨大地震の揺れに対し一部損壊もなく、巨大台風に対しても「無傷」を誇っています。加えてその地域の持つ災害リスク(土砂災害や津波、河川の氾濫等)に対し対応策が施され、備蓄品の充実や停電時の対策もされていますので、「安心して災害に対峙でき、安心して在宅避難ができる」住宅となっています。

「防災住宅」を作った思い

阪神・淡路大震災以降の災害現場を調査していく中で、あまりにも多くの損壊住宅を見てきました。「日本の住宅はなぜ、こんなに災害に対して弱いのか!」という現実が目の前に広がっていました。何千万円もの高額な買い物でありながら、技術力の高い日本がなぜ、災害に対して強い住宅を造れないのか。中には「壊れてくれなければ、次の需要は生まれない」という酷い話を聞いたこともありました。世界で最も災害リスクが高いと言われる日本にあって、いつまでも「災害に弱い」住宅に住み、災害によって建て替えや修繕を余儀なくされ、例え災害で損壊しなくても35年ローンが終わる頃には、建て替えや莫大なお金で修繕している現実を知り、このままではいつまで経っても日本人は豊かになれない、と実感したのです。

そこで出会ったのが、阪神・淡路大震災の被災地区に495棟ありながら、1棟として全壊、半壊どころか、一部損壊もなかった「壁式鉄筋コンクリートパネル組立造」の調査結果でした。以降、この工法に注目し、その後のあらゆる災害に対しても他の工法が多くの損壊した姿を見せる中、一部損壊もなく、東日本大震災の津波にも流されていない、土砂災害にも流されていない現実を見て、「この住宅だったら、私が多くの災害現場でさらにこうすれば家族の命を守ることが出来る、と思ったノウハウを加えれば、最強の防災住宅ができる!」と考え、「津波シェルターペントハウス」などにも取り組んでいた壁式鉄筋コンクリートパネル組立造の百年住宅グループと提携し、「防災住宅」を完成させたのです。

お陰様で「これ程にまで命を守ることに特化した住宅はない」として、2021年防災グッズ大賞住宅部門で大賞を受賞いたしました。

この「防災住宅」によって、迫りくる巨大災害から1人でも多くの方の命と財産が守られたなら、喜びに耐えません。

  • 希望の土地に防災住宅が建つのか確認したい
  • 見積もりが欲しい
  • もっと詳しい話が聞きたい

お電話・メールにて無料相談をおこなっています。
お気軽にご連絡ください。