1. HOME
  2. contents
  3. 「防災白書」から災害の傾向を知り、対策を考える!

<防災アレコレ13>「防災白書」から災害の傾向を知り、対策を考える!

内閣府発行の「防災白書」ってご存知ですか?

皆さん、内閣府から毎年「防災白書」が発行されていることをご存じでしょうか。現在出されているのは令和2年版(令和2年6月12日発行)ですが、本白書は,災害対策基本法(昭和36年法律第223号)第9条第2項の規定に基づき第201回国会(常会)に報告を行った「防災に関してとった措置の概況」及び「令和2年度の防災に関する計画」について取りまとめられています。
 この「防災白書」を見ると世界の気候変動や日本の気候変動、どのような災害が襲い、どのように対処したかなども記されていて、防災関係者のみならず、ご家庭の方も知見を広めるうえではご覧になられてはいかがでしょうか。令和2年版 防災白書 : 防災情報のページ – 内閣府 (bousai.go.jp)

さて、本白書によると、冒頭に「特集 激甚化・頻発化する豪雨災害」が記されています。下記は抜粋です。

近年、世界中で気象災害が頻発している。令和元年(2019年)も、各地で豪雨災害が発生し、大きな被害をもたらした。同年7月から10月には、インドを中心とした大雨により、南アジアでは死者が合計で2,300人以上となるなど甚大な被害が発生した。インドの同年8月及び9月の総降水量は1983年以来最も多かったなど、記録的な大雨となった。我が国でも、平成29年7月九州北部豪雨、平成30年7月豪雨をはじめ、近年の豪雨災害により大きな被害がもたらされており、令和元年も、令和元年東日本台風による災害をはじめとする豪雨災害により、甚大な被害が発生した。また、令和元年の年平均気温は、世界の陸上の広い範囲で平年より高く、東アジア北東部含め世界各地で異常高温が発生した。我が国でも全国的に気温の高い状態が続き、1898年の統計開始以来、日本の年平均気温は最も高かった。一般に、異常気象は過去に経験した現象から大きく外れた現象であり、人が一生の間にまれにしか経験しないものであるが、今後、地球温暖化等の気候変動により、世界的に異常気象が増加する可能性も指摘されている。

出典:気象庁ホームページ(参照:https://www.data.jma.go.jp/gmd/cpd/monitor/annual/index.html)

令和2年版の「防災白書」のため、内容は令和元年の災害状況を分析したものですが、令和2年も熊本地方南部を襲った「令和2年7月豪雨」のように豪雨災害が頻発する傾向は続いています。

出典:水害レポート2019(国土交通省)

また、水害・土砂災害をもたらす豪雨については、雨の強度や頻度などその降り方に特徴があり(特集第1節1-3参照)、長期的な傾向として、雨の降り方は変化している。
気象庁の観測によると、1日の降水量が200ミリ以上の大雨を観測した日数は、1901年以降の統計期間において有意な増加傾向にあり、その最初の30年と直近の30年とを比較すると、約1.6倍に増加している(全国51の観測地点)。また、全国約1,300の観測地点があるアメダスの観測データによれば、1時間降水量50ミリ以上の短時間強雨の発生頻度は、1976年以降の統計期間において有意な増加傾向にあり、その最初の10年と直近の10年を比較すると、約1.4倍に増加している(全国約1,300の観測地点)。
このように、雨の降り方が変化している背景には、自然変動の影響に加え、地球温暖化の影響もあると考えられている。また、気象庁の予測によると、今後、温室効果ガスの排出が高いレベルで続く場合、1日の降水量が200ミリ以上となる日数や1時間降水量50ミリ以上の短時間強雨の発生頻度は全国平均で今世紀末には20世紀末の2倍以上になると予測されている。

この予測をご覧になって、皆さんは「我が家」についてどのように考えられるでしょうか。私は常々「防災住宅」の必要性を説いていますが、今の住宅工法では迫りくる災害を受け止め、「無傷」で耐えることはできないと考えています。

時代は変わっています。本気に「我が家」の防災を考えてみてはいかがでしょうか。

防災住宅研究所ではYouTubeにて災害体験や、災害現場レポートなどの動画を公開しています。

YouTube動画は以下のリンクよりご視聴いただけます。

close

【無料】防災・住宅に関する情報をメールでお届けいたします!

記事の更新情報や、防災・住宅情報はもちろん、ネットではわからない情報満載な防災住宅研究所のセミナー開催のお知らせなどを毎月2回お届けいたします。

「プライバシーポリシー」をご確認いただき、同意の上ご利用ください。

関連記事

おすすめ記事

最新記事

特集記事

防災住宅研究所メルマガ

【無料】防災・住宅に関する情報をメールでお届けいたします!

記事の更新情報や、防災・住宅情報はもちろん、ネットではわからない情報満載な防災住宅研究所のセミナー開催のお知らせなどを毎月2回、無料でお届けいたします。

「プライバシーポリシー」をご確認いただき、同意の上ご利用ください。