1. HOME
  2. contents
  3. 阪神・淡路大震災

<災害現地調査報告1>阪神・淡路大震災

阪神・淡路大震災

●発生年月日  1995年1月17日午前5時46分
●地震名    兵庫県南部地震
●震源地    淡路島(北緯34度36分、東経135度02分)
●震源の深さ  16km
●規模     M7.3
●最大震度   7(神戸市須磨区鷹取、長田区大橋、兵庫区大開、中央区三宮、灘区六甲道、東灘区住吉、芦屋市芦屋駅付近、西宮市夙川、宝塚市の一部、淡路島北淡町、一宮町、津名町の一部

●被害状況(気象庁発表 確定報)

(1) 人的、住宅被害等

人的被害
死者 6,434名
行方不明者 3名
負傷者 重症 10,683名
  軽症 33,109名
  43,792名
住宅被害
全壊 104,906棟
186,175世帯
半壊 144,274棟
274,182世帯
一部損壊 390,506棟
合計 639,686棟

(2) 火災

用途等/
焼損区分
兵庫県 兵庫県以外
住 家 非住家
公共建物 その他
全 焼 7,035棟 1棟 0棟 0棟 7,036棟
半 焼 89棟 5棟 0棟 2棟 96棟
部分焼 313棟 8棟 2棟 10棟 333棟
ぼ や 97棟 6棟 1棟 5棟 109棟
合 計 7,534棟 20棟 3棟 17棟 7,574棟

1995年1月19日~21日

何故、こんなに簡単に「家」が崩壊するのか!

これほど悲惨な光景は今まで見たことがなかった。目の前の無残な姿に言葉が出ない。ようやく発することにできた言葉は「むごい・・・」の一言。木造住宅は多くが倒れ、鉄筋コンクリートのマンションやアパートまでがつぶれている。昭和56年の建築機基準法改定前に設計された物件なのか、こうも「家」が地震によって簡単に倒れ、尊い命を奪ってよいはずがない。あってはいけない光景なのだ。

何千万円もの大金をはたいて、夢の1戸建てを手に入れたにもかかわらず、その我が家によって、尊い家族の命が殺されている現実は絶対によるしてはいけない。

大地震にでも、倒れない、壊れない、本当に安心して住める住宅の普及は地震大国日本の最優先課題であることは間違いない。

関連記事